本文へ移動

ひとつひとつの想いをカタチにする

私達は一人一人のお客様とじっくり対話しながら世界に一つだけのマイホームを造っています。決まった間取り、形、仕様などはありません。(基本的な構造、断熱、気密などの性能面ではベースがあります)お客様の希望、イメージしているものを聞きながら二人三脚での家造りを行っています。

工法:パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー(地震 台風(やまじ風)に強い家)

全棟きちんと施工出来ているか専門の検査員によるテクノ中間検査の様子です
☆木に鉄の強さをくわえた「テクノビーム」を使用
家づくりでは、最も荷重を受ける梁を強くすることが、住まい全体の強度を高めることにつながります。木の強度はタテ「強」・ヨコ「弱」
そこで、梁部分には木材に堅牢な軽量H形綱(鉄骨)を組み合わせた複合梁『テクノビーム』を採用。
主要構造部の接合にはオリジナル接合金具を使用して、接合部の安定した強度を実現。
 長期間の荷重による変形もほとんど起こらず、長い年月が経過しても強い家を維持します。

建てる前に一棟一棟緻密な災害シュミレーション

建築基準法では、2階建て以下の木造住宅では構造計算が義務づけられていませんが、一棟一棟、間取りが違う木造住宅こそ構造計算が必要だと考えます。
テクノストラクチャーでは、独自の厳しい基準を設け、法律で定められた水準を大きく上回る、高度で多角的な『立体的応力解析』で388項目ものチェックを全棟で実施。
構造的に負担のかかるほぼすべての部位の強度と住まい全体のバランスを十分に確保します。

自在に空間を構成できる、設計自由度の高さ

テクノストラクチャーの家は、大きな吹き抜け、柱なしの大空間、スキップフロアなど、部材の強さを生かした大胆な空間設計が可能です。
設計自由度の高さを生かしてあなたの希望を実現します。

地震時に身を守るだけでなく地震後の暮らしも考え耐震等級3を推奨しています

耐震等級は住宅の耐震性能を評価する表示制度で、等級は1~3まで。最低ラインの等級1は建築基準法の耐震基準を満たす「震度6強で、損傷は受けてもつぶれない」というレベル。大きな地震時に身を守れたとしても、地震後に暮らし続ける家としては不安が残ります。テクノストラクチャーでは,消防署など重要な建物と同じレベルの耐震等級3を推奨します。

弊社で建築する家は全棟耐震等級3 耐風等級2(最高)です。

お住まいになられるご家族の健康と安心の為に 

☆高気密・高断熱 外皮熱損失量(Ua値)0.51  C値 0.4 2020年度新築 平均値です

 ☆ヒートショック対策 
「温度のバリアフリー化」 家中が温度差のない家 愛媛県はヒートショック事故率が全国的にも高いです ワースト1は香川県

 
☆空気が美味しい家 健康の第1歩は室内空気 PM2.5や黄砂、花粉などを家に入れない24時間全熱交換型換気システムを採用しています。
 

地域密着 フットワークの軽さならどこにも負けません!!

毎年1回 お引き渡し月に定期点検のハガキをお送りしています

地域密着 おかげさまで51年目を迎える事が出来ました。これもひとえに地域の皆様のおかげです!

これからも皆様に必要とされるよう頑張っていきます!